活・味・技に自信あり!伊予節で名高い、三津の朝市・水産市場の公式ホームページです

市場の取組・料理教室

「ほじゃけん、やっぱり瀬戸の小魚物語」の取り組みについて
松山の美味しいもんといえば、昔から「瀬戸の小魚」が有名で、ホゴ、メバルはもとより、タコ、タチウオ、アナゴ、アジなど、様々な小魚が松山市民の生活の中で親しまれてきました。
しかしながら、若年層を中心に「魚ばなれ」が深刻化しており、魚介類の流通に携わる私たちとしては、この問題を食生活を揺るがす一大事と考えています。
そこで「松山市民の台所・水産市場」としては、業界と開設者(市)が一丸となって魚食普及や市民の健康づくり、さらには地域の魅力づくりに取り組むため、「瀬戸の小魚」をはじめ、多彩な魚介類を皆さんに美味しく食べていただこうとする一連の取組みを、「ほじゃけん、やっぱり瀬戸の小魚物語」として位置づけ、現在、様々な事業を展開しております。
ちなみに、このキャッチフレーズは、「美味しい魚が食べたい」「松山を代表する瀬戸の小魚料理を味わいたい」「健康が気になる」「安全で安心な食材にこだわりたい」などといった皆さんからの要望に対して、「それなら、新鮮な瀬戸の小魚を食べて下さい」というメッセージを地域性豊かに伝えようとするものです。

運  営
〒791-8060
 愛媛県松山市
 三津ふ頭1番地2
 松山市水産市場運営協議会
 TEL (089) 951-2311
 FAX (089) 951-4888
banner.gif

mbanner.jpg