活・味・技に自信あり!伊予節で名高い、三津の朝市・水産市場の公式ホームページです
   「第6回 一嘗三嘆 瀬戸の松山鯛料理フェア」

日時:2017年3月1日(水)~31日(金)
場所:江戸味楽茶屋 そらまち亭
  (東京スカイツリータウン® 東京ソラマチ7階)



 松山市では、3月1日(水)より、林家プロデュースレストラン「江戸味楽茶屋 そらまち亭」(東京都墨田区)にて、「桜」のシーズンに合わせて、「一嘗三嘆 松山桜鯛料理フェア」を開催します。
 「一嘗三嘆 松山桜鯛料理フェア」は、松山市出身の俳人・正岡子規が愛した松山鮓など5種類の鯛料理を現代に復活させた「一嘗三嘆 松山鯛料理」の魅力や松山の天然鯛の美味しさを、広く知って頂くために開催するものです。



《「第6回 一嘗三嘆 松山桜鯛料理フェア」 概要》

松山鮓

松山めで鯛釜めし



【期間】 2017年3月1日(水)~31日(金)
【場所】 江戸味楽茶屋 そらまち亭
       (東京スカイツリータウン® 東京ソラマチ7階)
【料理】 松山鮓、松山めで鯛釜めし
【抽選会】 フェア料理を召し上がった方を対象に抽選で豪華景品を贈呈
   1等:松山天然活き〆鯛1匹(3本)
   2等:瀬戸内海産ちりめんセット(10本)

※一嘗三嘆(いっしょうさんたん)とは、子規が友人・清水則遠氏に宛てた書簡の中で、故郷・松山の美味しい鯛料理を「一口食べると、何度も感動するほど美味しい」と紹介する際に用いた、子規オリジナルの造語です。

※桜鯛とは、春に旬を迎えるマダイのこと。マダイは桜の花が咲き始める3~6月頃、産卵のために浅瀬にくるためこの時期のマダイのことを桜鯛と呼びます。この時期のマダイは脂が乗って最も美味しいとされ、他の季節のものと区別され、珍重されています。花見鯛とも呼ばれています。



「一嘗三嘆 松山鯛料理」に関する松山市の取り組み
 松山市は、松山市出身の俳人・正岡子規が愛した松山鮓など5種類の鯛料理を「一嘗三嘆 松山鯛料理」として復活させ、平成24年10月に東京都台東区根岸の子規庵でお披露目会を開催しました。その会において、当地の名士であり、正岡子規さんを尊敬し愛し続ける林家三平さん・国分佐智子さん夫妻に松山産天然真鯛を紹介いただきました。その際に、「子規さんは一嘗三嘆ですが、佐智子は一生三平です」と発していただくなど鯛のPRを行いました。これを契機に平成26年3月、松山の鯛をはじめとする瀬戸の小魚のイメージアップを図るため、林家三平さん夫妻に「松山めで鯛使(大使)」に就任いただきました。
 平成26年10月30日~11月30日には、その就任を記念して、林家プロデュースレストラン「江戸味楽茶屋 そらまち亭」で「一嘗三嘆 松山鯛料理フェア」を開催し、全国の皆さんに松山の鯛料理の魅力を発信しました。
 その後も平成27年3月と11月、平成28年3月と11月に「そらまち亭」において「一嘗三嘆 松山鯛料理フェア」を開催しました。そのうち、平成28年11月に開催した「第5回 一嘗三嘆 松山もみじ鯛料理フェア」では、フェアの当日の11月1日にそらまち亭において、林家三平さんと野志松山市長によるオープニングイベントを行い、大々的なPRを行いました。
 第6回となる今回も、松山の鯛の魅力をぜひ多くの皆様にご賞味いただきたいと思います。



※ 掲載されている情報や画面の転載、2次利用はご遠慮ください。

運  営
〒791-8060
 愛媛県松山市
 三津ふ頭1番地2
 松山市水産市場運営協議会
 TEL (089) 951-2311
 FAX (089) 951-4888
banner.gif

mbanner.jpg